+++ 2013/2/7 open   2/14 レッスン開始しました。+++
*彫金体験レッスン随時募集中(3,000円 / 2〜3h)*

教室トップページへメールフォームへ


* 生徒作品集 *

※こちらでは主にベイシックコースを修了した生徒作品を掲載しております。



コメント:
ワックスの最後の自由課題で、デザイン制作されたリングですが、トップからの見え方とサイドからの見え方の違いが、興味深いデザインでして、オリジナリティも有りますし、何よりも自分で考えて良い形に出来た事を評価したいですね。



コメント:
ワックスを削っての制作ですが、写真を元にディテールに拘った作品でして、本職が歯科技工士さんなので、18金のキャストもご自分でされました。 ちなみに宝石のセッティングは僕も手伝いましたが、バランス的にもなかなかの出来映えだと思います。



コメント:
夏っぽいイメージのリングとペンダントです。リングはワックスからの製作ですが、石留めも上手く行き、仕上げも綺麗に出来たと思います。またお揃いで作ったペンダントトップは地金からの製作ですが、角石を対角線に留めたので、かなり苦労しましたが、意外性が有り面白いと思います。



コメント:
きらきらと金属的に輝くアンモナイトの化石を使ったシルバーブローチです。裏側も綺麗な化石だったので裏面にもすかしを入れて裏も楽しめる様に成っております。作り的には「いかにも彫金教室チック」な感じですが、ころんとした化石を綺麗にブローチに納める辺りは、なかなかの手練れではないかと...



コメント:
これぞジュエリーの王道かもしれませんね。十数個のカラーサファイアを組み合わせたリングで、18金からの手作りです。一部石の並びが不規則で隙間が多い部分が有りますが、自分で作ったリングですから販売されている完成度の高いモノより愛着が湧くのではないでしょうか?



コメント:
ワックスを削りだして製作したリングです。ずどーんとしたフォルムがアグレッシブなデザインだと思いますが、下手に質量を減らす工夫よりも「男前」なリングだと思います。。。。作ったのは女性ですが....



コメント:
合計三つのパーツをワックスにより削りだし、ゴム型を取ってキャスト後に組み上げたモノです。画像では大変分かり辛いですが、王冠の様な物の中身は金魚です。なんでも友人の結婚記念のプレゼントらしくて置物との事ですが、細部までこだわったディテールが綺麗にお見せ出来ないのが残念です。(^^ゞ



コメント:
ワックスを削りだしたペンダントトップ(※石枠は手作り)。画像で見るより実物は、大振りな作品ながらバランス良くまとまり、空間と地金部分の割合もセンス良く出来たと思います。今後の課題としては、石枠部分のデザインにも注意を払うとより完成度の高いモノが出来ると思います。



コメント:
キューブ状の空間の有る立方体にオーバルのアクアマリンをフラッシュセットした作品。一見シンプルなデザインに見えるが、作品の完成度は、高く石留めのバランス/技術共に高いレベルで制作出来たと思います。 今後の課題としては、デザイン画と実作品とのレベルの高い連動を目指してください。


コメント:
取り巻き部分に比較的大きなサイズのメレーダイヤを使用したので、豪華な感じに仕上がった。今後の課題としては、今回は軽量化の意味も有り裏側を張らずに処理したが、より良く見せるジュエリーの制作も考慮に入れるべきで有る。



コメント:
寄せの作りも2作目となり、技術的には進歩の後が見られる。今後の課題としては大振りの中石を使った作りによく見られるバランスの崩れと各パーツのつながりをより滑らかにバランス良くする事で有る。



コメント:
典型的なワックス向けのデザインだが、引っかかりの無い石留めやアール(曲線)の付け方は評価出来る。今後の課題としては軽量化と裏抜き後の仕上げ技術の向上などが考えられる。



コメント:
生徒持ち込みの石をワックスを削りだしてピンクゴールドのリングに仕上げました。 発色の良いピンクゴールドとロードライトガーネットの色味がマッチして、良い感じだと思います。石留めには手こずりましたが、全体的に見て良い仕上がりだと思います。



コメント:
生徒がネットオークションで買った石で作った18金のリングです。ワックス向きのデザインとも言えますが、今回は地金から作りました。スターも綺麗に出ておりバランス的にも良い仕上がりと成りましたが、爪回りの処理が今後の課題だと思います。



コメント:
大振りのブルーカルセドニーを使ったブローチで、地金を削りだして制作して有ります。仕上げにやや難がありますが、デザイン的には面白い作品となりました。シルバーの大物のロー付けは大変で、時間が掛かりましたが、問題無く出来たのは頑張ったと思います。



コメント:
変則の伏せ込み枠の上にアーチ状のデザインが、有りそこにメレーダイヤを彫留めしております。同型のリングのデザインを使って、お揃いのペンダントを作ったのですが、バチカン部分も手造りで作るなど、それなりにまとまった仕上がりだと思います。



コメント:
石座のパーツ及び腕部分を地金から制作した作品です。少しバランス的に甘い部分も有りますが、本格的な宝石を使った最初の作品としては上出来だと思います。腕の部分のメレーダイヤは講師が石留めしました。



コメント:
四つのハートカットの石をクローバーに見立てた作品です。画像では分かりにくいですが、中心部にメレーダイヤをセットして有ります。真上から見たときに少し石座が見えているのが減点ですが、それ以外は綺麗に出来ていると思います。



コメント:
カラフルなカラーストーンを組み合わせた手作りのジュエリーです。色石に色石を合わせるのはプロでも難しい事ですが、綺麗にまとまりました。中石の爪がやや不均等なのが、残念ですがほぼ商品レベルと呼べる作品です。



コメント:
ワックスコースでの自由課題での制作です。地金では表現の難しいテキスチャーが特徴ですが、バランス良くまとまったと思います。中石の爪にもう一工夫有れば更に良く成ると思います。



コメント:
お椀状のケースを蝶番で繋ぎ、内部に蓋を留めるストッパーを付け、外側にフックなどを引っかけられる様に作って有ります。全てシルバー地金からの手作りでロウ付け等の正確な作業を要求される作品だと思います。

<Lesson> 9:30〜13:00 / 14:00〜17:30

15,000円 / 4回 ・ 28,500円/8回 ・54,000円/16回(チケット制)
※前日までの予約制
水曜・祝日定休 日曜日は隔週営業)


アトリエ L
〒658-0082 神戸市東灘区魚崎北町3-11-9
TEL&FAX 078(451)7764

担当:Junko Matsuzaki(EL

お問い合わせ先はこちら→ /  アトリエの日々についてはブログをどうぞ→
Copyright (C) 2013- アトリエL all right reserved.